ミシュニャンガイド

みんなの為ではなく自分の為のグルメガイドブック

ミシュニャンガイド 瀬戸市「瀬戸屋」 昼からやってる焼肉屋!だったら昼からジュウジュウゴキュゴキュでしょ!!!

2020/1/29

 髪切りに行ってきました。店からは5キロほどのところに「瀬戸屋」があります。髪切り屋から歩いてやきにくじゃ~~~!!!

 

 13時半店先に立つ。車は一杯停まっている。こゆきが入ろうとすると横からオッサンが先駆けをする。まだ混んでいる時間帯のようだ。一旦退却し14時過ぎに再訪した。

 もう待てないので突入である。狭い店の中は半分くらい埋まっていた。出来るだけ隣に人がいる席を避けたかったので、汚らしい畳敷きの小上がりへ座った。実に汚い。畳は油を吸って反り返っている。座布団もネバついていた。

 愛想のいい大将が注文を聞きに来たので「生中530円、塩サガリ2人前1,040円、ホルモンミックス1人前450円、生センマイ500円」を注文した。センマイは時間が掛かるとのことだったが、構わないからとお願いした。意外にメニューは少なく拍子抜けだった。

 すぐ生中が到着。

時間を置かずサガリとホルモンが出てきた。

ジュウジュウやりながらグビりました。追加で瓶ビール610円を頼んだ。

 サガリは人気だけあって脂身も程よくいくらでも食べられそうだった。ホルモンはブタホルのようでゴムのようだった。牛かと思っていたからね。辛味噌で味付けしてあるが、一緒に出されたタレを付けて食べた。タレは特別うまいわけではないが悪くもない。あえて言えばあみやき亭のタレを3倍くらいうまくしたような味である。

 最後に生センマイが出てきた。

食べるのは初めてである。コリコリしているがそれ以上の感想はない。

 総括としてなぜこの店がここまで人気があるのか分からない。そこらの焼肉店で食べるものと大差はない。強いて利点を挙げるなら、昼から夜まで通し営業で昼酒が呑めることくらい。今日もそれっぽい客は何人かいた。

 近所にあれば頻繁に通うだろうが、瀬戸まで来て食べようとは思わない。少々辛口だがこれが現実だった。ものすご~く期待していただけにこうなってしまいました!合計支払額は3,290円。微妙にメニューと値段違うけどなんでだろ?

 信じられない人は自分で行けば!今日のこゆきちゃんは荒れてるよ!