ミシュニャンガイド

みんなの為ではなく自分の為のグルメガイドブック

「山本屋本店」エスカ店で「スタミナもつ入り味噌煮込うどん」を食べた時の回想録

2020/11/9

 「キッチントーキョ―」を出て、ねこカフェ行って、さあ大人しく帰ろうと思う人、何人いますか?キッチントーキョ―では単品で「ビーフカツ」しか食べてない。このまま帰るわけないじゃん!!!

 

 ということでやって来たのは名古屋メシの「味噌煮込みうどん」の超有名店「山本屋本店」のエスカ店。

 この山本屋本店ってこゆきははるか昔に来た記憶しかない。感動的にうまかったという記憶は残っていない。

 しかし観光客の多くはここが味噌煮込みうどんの総本山であると錯覚しているようだ。他にもうまい店はいくらでもあるにもかかわらず、、、でも味の記憶が残っていないのであまり確信はない。そこで今回訪問してみた次第でございます。

 ではでは、はじまりでございまするぅ~!

 

 店に到着したのは14時前だったと思う。

f:id:koyuki-ch:20201110155814j:plain

近くに持ち帰り専門の店があるから間違えちゃった!

あまり記憶にない。。最近記憶障害が多くて困る。

 平日のこんな時間だからだ~れも居ないだろうと想像していた。しかし3割位の落後者たちがうどんをすすっていた。

 でも広い店内でテーブル席もいっぱい空いていた。当然テーブル席に座ろうと思っていた。

 ところが、店のブァバア~がカウンターへすわれと、他の一人客でテーブル席に座っている奴もいるのに、こゆき様にカウンターへすわれと言ってくる。。。ここで嫌な感じがした。

 席に腰掛けると3秒くらいでババアが「ご注文は・・・?」と畳みかけるように尋ねてくる。そんなに早く決められるわけねえだろ~!と暴れてやろうかと思った。

 ババアを退けてじっくりメニューとにらめっこした。ノーマルの味噌煮込みにするか、気になるスタミナもつ入り味噌煮込みにするか、ヒジョ~に悩ましい。なんせ値段が1,000円以上違う。

 せっかくトーキョーで耐えがたきを耐え安く済ましたのにここで散財してしまっては元も子もない。でも誘惑には勝てなかった、、、

 注文は「生ビール748円、青唐辛子の出汁巻き550円、名古屋コーチンネギマ2本1,045円、スタミナもつ入り味噌煮込うどん2,343円」となってしまった。

 どれもうまそうな名前である。名前見ただけで誘惑に負けてしまった。我慢出来なかった。。。反省してます・・・・・。

 珍しくババアが「うどんは後にしますか?」と気の利いたことを尋ねてきたので、「よろぴく、、」と答えておいた。

 

 まんず生ビールが出てきた。エビスである。

f:id:koyuki-ch:20201110160152j:plain

みんなをエビス顔にさせるからエビス???

こゆきはエビス大好き!ゴキュりながら料理を待った。

 最初に来たのはお通しの漬物。

f:id:koyuki-ch:20201110160852j:plain

キュウリと大根 添えられているショウガがもう、、、

山本屋ではうどんに無料の漬物が付いてくるようだ。しかもおかわり自由。

 この漬物がやたらとうまい。おかわりしてしまった。その日によって漬物の内容は変わってくるようだ。漬物を配るオババはさっきまでのババアとは違ってやさしい接待をしていた。や~まもと屋!やればできるじゃん!

 そしてやって来たのは青唐辛子の出汁巻きである。

f:id:koyuki-ch:20201110160425j:plain

水っぽいが青唐辛子の香りでわたしもう、、

味付けは水っぽくあまりうまくなかった。でも青唐辛子のいい香りが漂ってきてまずさを補った。

 この出汁巻きは作り置きを冷蔵保管しているようだ。冷凍保管かも知れない。それほど水っぽかった。冷凍➡チンの可能性大。こうしているうちにエビスは消えた。

 追加で瓶ビールを注文した。なんせこれから名古屋コーチンのネギマ

1,045円が出てくんだから当たり前だ。たった2本で千円越え!どんだけボッタなんだか。

 しばらくして出てきたコーチンは予想通りうまかった!

f:id:koyuki-ch:20201110160652j:plain

f:id:koyuki-ch:20201110160703j:plain

こ~チンチン!いいぞ!

肉質は締まりそこいらのブロイラーとは一線を画す肉質だった。

 丁寧に焼いたことをうかがわせる様に焼き過ぎもせず生っぽくもなかった。しかもいい塩加減であった。懐を気にしないでいいなら10本くらい行きたいところだ。

 コーチンを喰らいつつ、ビールを呑んでいると今度は慇懃なおっさん店員が「そろそろうどん持って来ていいですか?」と尋ねてきた。

 まだコーチンは半ばである。ビールも半分くらい残っている。どうしてそんなに急がせるのか?この店は通し営業であり時間制限はない。なぜ食事を楽しんでいる客に急かすマネをするのか?そこんとこジ~ックリ聞いてみたい!

 実はこのおっさん店員が来る10分くらい前にババアが「うどん持って来ていいか?」と聞いてきたのだ、当然こゆきは「ま~だだよ!」と答えた。するとババアは「では、その時は声を掛けてね」と悲しそうに去っていった。これでホッとしていたのにおっさんの登場である。

 

 きっと奥の方でこんなやり取りがあったに違いない。

ババア「うどん、まだ持って来るなって、、新さん、くやしい…ウゥッ」

おっさん「じゃあ、おれにまかせな!お吟、おめえさんの恨み晴らしてやらあ!」

ババア「新さん、、(顔を赤らめる)」

ババアの股間が湿り気を帯びていたのは内密である、、、

 

 しかしこゆきも随分大人になったもので、ここは事を荒立てず新さんの言葉に従った。「持って来ていいぜ!」と返してやった。

 新さんはしてやったりの表情を浮かべ厨房にいるお吟のところへ駆け寄った。その時密かに新さんがお吟の腰に手を掛けるのをこゆきは見逃さなかった。

 こゆきは急いでビールを呑み、コーチンを頬張った。なんで急がなあかんねん!

 と、こ、ろ、が、中々うどんが出てこなかった。こんなことなら急いで飲み食いしなけりゃよかった。

 10分くらいでうどん着丼!

f:id:koyuki-ch:20201110161745j:plain

ど、どなべ!

f:id:koyuki-ch:20201110161756j:plain

ホルモンは見えないがタップリ隠れている

f:id:koyuki-ch:20201110161807j:plain

うまかったか?と問われればうんま!と言えるような、、

ホルモンはあまり火が通っておらず脂身を残していた。これは絶妙な火の通し方だった。そして味噌とホルモンなんだからまずいわけがない。

 しかし既に飲み食いを始めて3時間余りが過ぎており、さすがに腹は一杯であった。でも意地で全部食べ切った。

 通常なら味噌煮込みのうどんを食べた後その汁にご飯を入れるがそれは止めておいた。このもつ入り味噌煮込みの味については、この記事を書いている今では記憶に残っていない。

 記憶障害がこんなところに出てしまったのか、それとも記憶に残すべき味ではなかったと脳が判断したのかも知れない。こうして山本屋との久方ぶりの再会は幕を閉じるのであった。

 

 総額は驚異の5,401円。やっちまった感がパなかった。そんなにいいことしてもらった満足感はないよ!

 総論として3点満点で「味は2、接客1、値段1」総合評価1.2であった。とにかく早く注文して、はやく喰って、はやく金払って、去ねや!!!という姿勢に感じた。こゆきの考えすぎかも知れないが、、、

 もうよっぽどのことがない限り近づかないでおこう。味噌煮込み喰うなら他にもうまい店一杯あるから。

 でも通し営業でやっているから昼呑みたいなら居酒屋使いでアリかもね。じゃ~ね~!!!

山本屋本店 エスカ店
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町6-9
1,200円(平均)1,200円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp