ミシュニャンガイド

みんなの為ではなく自分の為のグルメガイドブック

大府市「有楽家」~突如現れた家系ラーメンの店の正体は?

2022/5/14

 パチンコの「有楽」とは関係ございません。ラーメンチェーンを展開する「一刻堂」の新ブランドのようだ。

 この一刻堂は刻と堂の間に「魁」という小さな文字が入っていたり、果たして「一刻堂」なのか「一刻魁堂」なのかよくわからない。

 そんなことはどうでもいいがこの一刻堂を一言で表現するなら「まずい!」としか言いようがない。まずいという文言が行き過ぎならば「好みには合わない」と言っておこう。

 とにかく数年前に一度食べて「二度とこの店の敷居を跨ぐことはあるまい」と誓った店、それが「一刻堂」である。この時訪れたのは現在「一蘭」となっている店である。

 

 この一刻堂が「桶狭間タンメン」なるブランドをブチかまし、大府の共和に店を構えた。しかしそれが数年で崩壊し「有楽家」となったのである。いずれにしてもバックには一刻堂がいるということを肝に銘じておいてほしい。

 

 19時過ぎだと思うがふらりと一匹のネコが有楽家に現れた。当然こゆきちゃんのことである。店内は土曜ということもあり席は半分くらい埋まっていた。

家系というには問題あり!

 券売機で「ネギラーメン900円、生ビール450円、ギョーザ180円」の券を買った。ついでにトッピングで「ほうれん草100円、うずら100円」も追加しておいた。

 

 この字のカウンターの端に座り店員に券を渡した。すぐにビールが出てきた。こいつをゴキュっていると続いてラーメンとギョーザが登場した。

 ギョーザは至って普通。どこ行ったってギョーザなんてこんなものである。ギョーザの別格は王将の「にんにく激増しギョーザ」と笠寺の長寿うどんの「スタミナギョーザ」だけである。

 世の中には噛むとチュルッと汁が飛び出してきて口の中がベロンベロンという行儀の悪いギョーザもあるようだが、こゆきはいまだそういったところへ行ったことがない。だからパサッているこの店のギョーザでも満足している。

見た目家系、味貧相

ギョーザってあると頼んでしまう

 いよいよメインのラーメンに取り掛かった。まずにんにくをどさりっどさりっと4杯ほど投入した。

にんにくいれるとまずいラーメンが仮面ライダーに変身する

 そして麺をジュルった。味の層が薄い!うすうすである。きしめんの麺は薄いに限るが味の層は厚いに限る!まるで味のハーモニーが感じられない。テーブル備え付けの辛味噌みたいなやつを投入して何とか全部腹に収納した。

 まあバックに一刻堂がいるのでこの程度だろう。桶狭間タンメンの時もそうだったが、ここでラーメンの味を語っても仕方ない。。

 

 ここは呑み屋であると自分に言い聞かせ全てを平らげて帰路についた。でも開店時間は10時半だし夜遅くまでやっているので使い勝手は良い。今後は居酒屋として利用させてもらうとしようか。

 でも桶狭間タンメン時代の方が良かったかも。パクチーの乗った豚シャブなんかは酒の肴に良かったから。。。

r.gnavi.co.jp