ミシュニャンガイド

みんなの為ではなく自分の為のグルメガイドブック

南区「らーめん天葵」~天白川の堤防下にひっそりと佇むラーメン店

2021/9/24

 なんだかこのところ毎回ラーメン屋ばかりで「ラーメンブログ」になってしまっているが、ここは本格グルメ志向の天下の「ミシュニャンガイド」どす!

 でも緊急事態宣言でどこにも行けないので仕方ないのです。この苦境を理解して頂きたい。

 

 朝9時からサクッとジャグった後時計を見ると11時過ぎ、チャンポンのミシュニャン1つ星店「西善」にでも行こうかと思ったが、あそこは開店直後から混むのを思い出した。それで取りやめにして他を思い浮かべてみた。

 するとそういえばいつか取材に行こうと思っていた「らーめん天葵」が頭に浮かんだ。ここも人気店らしいが毎回同じ店に通って皆さまを飽きさせるのも如何なものかという高尚な思考から今回は選んでみた。

 

 11時25分駐車場に車を停め店の入り口を目指した。しかしまだ店は「close」となっていた。11時30分からの営業のようだ。駐車場に停めた車の中でジッと開店時間を待った。この5分ほど嫌な時間ってないんじゃなかろうか。

 しばらくすると他の車がやって来てこゆきの横に停めた。中に乗っている人物を見ると正にヤバい感じのおとっつあんだった。

 なんだか人相も悪いし、コーディネートも最悪だった。チンピラもしくは土建屋のオヤジと呼んでも差し支えはあるまい。こいつらは2人で来たようで、さっさと車を降り店へ向かっていった。こゆきは11時半丁度に店へ入った。

f:id:koyuki-ch:20210924160223j:plain

直ぐ側を大河天白川が悠久の流れを営んでいる

 店に入るとさっきの悪人相がこちらを向いている。「こっち見るんじゃねえ!」と心の中で叫びながら悪人たちとは5席ほど空けた入り口近くの席へ座った。

 この店の座席はカウンターのみ10席ほど。席の後ろは狭い通路となっている。

 すぐ店のヤンキーねーちゃんがおしぼり、小皿、箸、レンゲ、水を持って来てくれた。ヤンキーはあまり愛想よくなかった。生理なのだろうか?

 後で呼び寄せるのも面倒なので持って来てくれたついでに「天葵しょうゆチャー

シュー1,030円」を注文した。この店は券売機ではなく直接オーダー制となっている。

 ねーちゃんは「ランチセットにするけっ?」と尋ねてくれたが、そんなに食べられるか分からなかったので「単品で、、、」と応えておいた。

 その後確認するとランチセットにはごはんの他に小皿1品が付いていた。それを知って激しく後悔した。大体こういった小皿って旨いものが出て来るから。。。

f:id:koyuki-ch:20210924170609j:plain

サービス!こゆきちゃんは滅多にメニューの写真は載せないよ!
 5分でラーメンがやって来た。汁は少々ドロっていた。醤油ラーメンは澄んだ汁が好みのこゆきには「??」が浮かんだ。

 まず汁とジュルった。まあうまい部類だ。少し塩がきつかった。魚系と動物骨系の出汁は感じられたがそれほどでもない。

f:id:koyuki-ch:20210924160714j:plain

脂と濁りはうまさの根源??とか誰か言ってたような。。。

f:id:koyuki-ch:20210924160722j:plain

一生懸命作っているのは分かるんだけど、なんかあか抜けない

 次にチャーシューにかぶりついた。チャーシュー麺にしたので分厚い肉が8枚ほど入っている。でも肉質はボロッとしててシーチキンの缶詰を食べているようだった。あまり好みではない。

 この他に具材はネギ、シナチクがあるのみ。シナチクはチクの芯を噛んでいるようで固いこと。

 そして麺だが、麺臭こそなかったが細麺で弾力があり人々を麺吸いの境地へと誘う名麺であった。

 

 どうといったことのない汁、ありきたりの具材、でもこの麺でこの店はもっているのかも知れない。食べログでの評価は現在3.47となっている。麺が点数を上げているのだろうか?

 とりあえずスス~っと平らげ店を出ようとした。すると悪人相のチンピラたちが立ち上がりこゆきの前に立ちふさがった。どこまで行ってもこの悪人はこゆきの邪魔をするようだ。

 後は特急しなの号で帰った。道はとても混んでいた。しかしデフレと言いながらラーメン1杯が1,030円とは一本取られたね。

r.gnavi.co.jp

 

東海市「支那そばや」~佐野実というラーメン界の偉い人が作った店の暖簾分けらしいですぞ!

2021/9/21

 ラーメン業界にはとんと疎いのでどういった人物かは知らないが、佐野実という人は「ラーメンの鬼」と呼ばれていたらしい。すでに亡くなっているがその名声は現在でも鳴り響いているそうだ。

 その佐野実が出した店の名を「支那そばや」という。本店は神奈川にある。その関東の支那そばやが何故か唐突に東海市に店を出した。他に支店があるのかどうかは知らん!で、ちょっと気になったので本日出掛けてみた。

 売りは醤油ラーメンらしいので、少し前に始まったこゆきの醤油ラーメン中毒症状緩和のためにはちょうどいいかも知れない。

 

 15時過ぎ店に着いた。店頭には佐野実の人物画が描かれたデカい看板が立っている。

f:id:koyuki-ch:20210921173016j:plain

ド迫力の看板!新選組の舞台劇でも始まるのかと思った

 駐車場は店の横に6台くらい停められるようになっている。車を降りていざ店内へ入って行った。

 入り口を入るとすぐ左に券売機がある。そこで「醤油らぁ麺880円」の券を買った。すると店のおばちゃんが「チキン南蛮がおぃし~よ!」と中国訛りで語り掛けてきた。仕方ないので「チキン南蛮ハーフ400円」も追加した。

 店内だ~れもいないのでカウンターはやめてテーブル席に座った。カウンターは6席、テーブルは4人掛けが2つの小さな店だ。

 

 10分位でラーメンが登場した。見た目汁は濁っていたが旨そうな匂いが漂っていた。

f:id:koyuki-ch:20210921173353j:plain

濁りと脂はうまさの証!ってとこかな?正直澄んでた方が好みのこゆきさん

 どんぶりに口をつけて汁をジュルった。派手さはないが魚介系の出汁の香りがプンプンして食欲をかき立てる。すこし醤油辛いかな。。

 でも後を引く旨味が舌の上に残るので、早く麺を食べさせろと口がせがんでくる。

 麺をズルってみれば細麺で弾力はあまりないが、ザラッとした麺肌がおいしい汁をからめて一緒に舌の上で踊る。いいんじゃない!

 具はシナチクとネギとノリとチャーシューのみ。まあ当たり障りのないラインナップですわな。

 近くの名店「志縁」と醤油ラーメン比べをすれば結構レベルの差は小さいと思う。今は未だ評価は高くないがいづれ大きく伸びるかも知れない。

 晩飯前だし、あまり食べないでおこうと思っていたが汁をほとんど飲んでしまった。その位の魔力はある。

 

 追加で頼んだチキン南蛮はフツーの唐揚げにタルタルが掛かっているタイプだった。

f:id:koyuki-ch:20210921173746j:plain

意外にもしっかり仕上がっているタルちゃん、でも玉ねぎのシャリシャリ感がほしい~

 唐揚げ自体は何ということもなかったが、タルタルは結構いけた。タルタル好きのこゆきちゃんも予想外のうまさに箸で掬って残ったタルをナメナメした。

 少しマヨ感が強いし、玉ねぎかセロリのみじん切りが入っていればサイコーだったが、残念ながら入っていなかった。でもこんな場末のラーメン店でこんなタルタルに出会えるとは意表を衝かれた。

 

 ここのラーメンは醤油の他に塩もある。まだ塩を食べていないが多分醤油オンリーでしょ!そのくらい今日の醤油には満足したぞよ。

r.gnavi.co.jp

東海市「新栄」~ここのにんにくチャーハンはどうしてこんなにうまいのか

2021/9/19

 動画を見ていてどうしても醤油ラーメンが食べたくなった。でも日曜だし人気店はいっぱい行列が出来ているんだろうしどうしようかな~、、と悩んでいた。

 食べログで近隣のラーメン屋を物色していると東海市の「新栄」が画面に現れた。中華料理店だが当然ラーメンもある。以前にこのミシュニャンにも登場済である。

 新栄の醤油ラーメンがうまいのかどうかわからないが、写真見て食欲湧かなかったら台湾ラーメンという手もある。それに以前食べたにんにくチャーハンはうまかったな~!ということで新栄に進撃することになった。

 

 13時半ごろ到着した。駐車場はガラっていた。ここの駐車場は30台くらい停められるので安心してね。店内の客入りは半分程度。

f:id:koyuki-ch:20210919144908j:plain

新栄!のかんばん、、、
 テーブル席に陣取りメニューを眺めた。案の定醤油ラーメンの写真はオーラが出ていなかった。

 そこで「ラーメンセット750円、チャーハンはにんにくチャーハンにしてね!それとラーメンは台湾で!」とテキパキと注文を入れた。

 ここの台湾ラーメンは初めてである。おおよその味の想像はついていたが実食してみることにした。

 

 5分でチャーハン登場。1口パクってみる。う、うまい!やっぱうめ~!にんにくがゴッソリ香り、飯粒はバラッとしててとても食欲をかき立てる。夢中で喰らい付いていた。

 紅しょうがが無いのは無性に腹が立ったがそれすらも忘れ去るほどうまい!途中ラー油を垂らしてみたがこれもうまかった。

f:id:koyuki-ch:20210919145046j:plain

にんにく好きなら一度は味わってほしい

 チャーハンの残りが5分の1ほどになったころ台湾ラーメンがやって来た。想像通りのビジュアルだった。そして汁を一口飲んでみた。。。想像通りの味だった。。。あまりに推測通りなので恐ろしくなったくらいだ。うまくないんですよ!

f:id:koyuki-ch:20210919145220j:plain

まあなんちゅうか、その、、角さんか?

 まず汁は八角の香りに支配されている。旨味はあまり感じなかった。

 具材はもやし、挽肉、ニラ、鷹の爪でこれらの量はあまり多くない。でも一応弁護しておくと具材の量はこういった中国人経営の店の中ではマシな方かなあ。

 麺は台湾ラーメンで使われるごく一般的なものだった。インスタント麺のような感じ。醤油で全般をまとめているので広義な意味ではこれも「醬油ラーメン」と呼べるのかも。

 ササッと麺をすすってサラッと店を出た。ラーメン期待してたけどダメだったね。でも酢豚やチャーハンの味からすると他のものは期待出来そうなので次回チャレンジするつもり。特に五目粥。お粥には目のないこゆきちゃんなので。。。中華粥ってうめ~ンだぞ!

 

 台湾ラーメンって名古屋じゃどこの中華料理屋行っても食べられるけど、やっぱ満足いくもの出すところは少ないね。これじゃご当地グルメに成長出来ないよ!

 コロナでどこ行っても酒呑めないし~、ついジャグってばかりだし~、ミシュニャンの更新が滞っている言い訳をしてみた!

r.gnavi.co.jp

 

飛島村「日光橋食堂」~早朝からやっている貴重なごはん処

2021/9/16

 国道23号線を名古屋から三重方面へ向かうと途中「梅之郷」という交差点を通り過ぎることになる。そして梅之郷を過ぎてすぐ右側に見えてくるのが今回の「日光橋食堂」なのである。

 梅之郷交差点を右折し国道302号線に入り一つ目の側道に迷い込んでいくこと。ものすごく分かりにくい道だ。しかし迷いながら進むと今度は左側に店が見えてくる。名古屋方面からだと道の難易度は結構高い。初めて行く人は迷っちゃうかも。。

f:id:koyuki-ch:20210917191733j:plain

側道に入るとこのように「めし」の文字が、、、

f:id:koyuki-ch:20210917192221j:plain

日光橋って名前がいいね!

 何とか10時位に店の駐車場に到着した。人気店だがさすがにこの時間では駐車場も閑古鳥が鳴いていた。

f:id:koyuki-ch:20210917191455j:plain

閑古鳥は何処??

 店に入るとおばさんがさわやかに出迎えてくれた。店内を見渡してもこゆき1人。とてもありがたいシチュエーションだった。

 メニューは定食が中心だが、その他にも単品で麺類やカレー、刺身やおでんもあるのでとても悩んでしまう。

 とりあえず今回は初取材ということでぜ~っていきしめんを食べることに決めていたので注文した。

 ついでに注文タイプのメニューとは別の作り置きタイプの惣菜の中から「塩鮭、大根おろし」を取った。こう来たら必然的にごはんも注文することになる。

 それぞれの値段は不詳。唯一きしめんは520円となっている。うどんは400円なのに、なぜかきしめんは520円。この値段の差はどこから来ているのだろう。

 

 きしめんが来るまでの間、大根おろしをごはんにぶちかまし塩鮭で楽しんでいた。ほんと大根おろしと塩鮭はごはんの最高の友ですね。鮭は牛丼屋の朝定で出て来るものに毛の生えた程度だった。でもうまい。

f:id:koyuki-ch:20210917192507j:plain

こういうとこってどうしてごはんがうまいんだろ?

 ごはんを半分ほど食べたところできしめん登場。と~~~っても期待してました!!でまず汁をジュルった。な、なんかあんまうまくない。。。次に麺をズルった。会社の食堂で食べる冷凍麺の味だった。残念なことにきしめんは食べてはいけないメニューだということが判明した。

f:id:koyuki-ch:20210917192740j:plain

好奇心旺盛な方以外はお奨めしない

 後は惰性できしめんを片付け、鮭でごはんをパクった。ごちそ~さん!満腹感だけは得られた。

 きしめんは残念だったが、他のものを食べていないのであえて苦言は避けておく。きっと定食類はうまいに違いない。

 特にマグロの刺身が置いてあったが脂が乗っていておいしそうだった。次に行く時は緊急事態宣言が明け飲酒解禁の時としよう。おでんとマグ刺しで朝酒なんて考えただけでテンション上がる。

 ここはトラックヤロ~の憩いの場だがなぜか酒類も充実しているし、焼き鳥なんて罪作りなメニューもある。一体だれが呑むんだろ??

r.gnavi.co.jp

 

港区「ラーメン横綱」~どすこいっ!初土俵入り

2021/9/8

 国道23号線。通称名四国道。交通量の多いそしてトラックが沢山走る道。その道沿いに今回の「ラーメン横綱港店」はある。はあっ?知ってるだ~??だったらションベンでもして寝な!

 

 こゆきちゃんは初めて店へ入ってみた。どんな旨いものを食べさせてくれるのか興味津々。。13時頃だったが客は7割ほど。駐車場はトラックが停められるほど広い。店内も広々。ここに密はねえ!

f:id:koyuki-ch:20210908175735j:plain

はっけよいっ!

 じっくりメニューを見て注文を決めた。「チャーシュー麺の高菜チャーハンセット1,130円」でいってみることにした。黒豚餃子という魅力的な文字もあったがにんにく抜きと書いてあったので却下。

 5分でやって来た。チャーハンは自分で卵を溶いて周りに掛けていくそうだ。その通りにしてみた。

f:id:koyuki-ch:20210908175938j:plain

なんかめんどくさい~!

 卵が固まるまでの間にラーメンをジュリュった。いい麺の香りがする。茹で加減も固かろう柔かろうという絶妙なところ。

 汁をしゅりゅりゅ~っとすすってみるとどこか懐かしい感じ。そうだ!スガキヤの味だ!豚骨に魚介の出汁がしっかり効いたタイプ。なかなかうまい!ただスガキヤより若干塩辛く感じた。

 チャーシューは薄い。でも10枚以上入っており満足感はあった。肉質はバラ肉っぽかった。まあ丸源の肉そばの肉よりはいい。

f:id:koyuki-ch:20210908180118j:plain

汁のお味と言い、チャーシューの薄さと言いここはスガキヤ

 次にチャーハンだがどこにでもあるお味だった。。。高菜がトッピングされているがあまり高菜の旨味が出ていなかった。

 にんにくチップも乗っていたがこれが塩辛いこと。ラーメンと言いチャーハンと言い塩分大杉君だった。場所柄ドライバーが多いので肉体労働者用に港店では塩分濃度高めにしているのかも。

f:id:koyuki-ch:20210908180328j:plain

こ~のにんにくチップが辛いんすよ~

 ラーメンは〇、チャーハンは×。またいつか来ることがあるかも。。

 この港店はコロナ前なら朝5時までやっている超優良店なのだが、現在は営業時間を短縮している。

 横綱は京都が発祥地のようだが、京都には朝からやっているラーメン屋が沢山あるそうな。うらめしい限りでござる。

r.gnavi.co.jp

 

東海市「西善」~本場のチャンポンは食べたことないが、ここのお味はゼ~ッタイ後悔させない自信がある!!!

2021/9/6

 前にも紹介した西善、今日はお昼過ぎの13時半頃にお邪魔虫してみました。前回は店内満席でコロナの恐怖を味わいながらの食事タイムでしたが、本日はガラガラヘビでした。

 居たのは内装工系ガラの悪い2人組のおっさんのみ。おかげでゆっくりチャンポンの湯につかることが出来ました。

f:id:koyuki-ch:20210906154716j:plain

このへんでここよりうまいちゃんぽんの店あるなら教えてケロ!

 もともとこの店は態度の悪い、横柄なオババがやっている店だった。だからうまいけど中々行こうとは思わなかった。

 しかし前回訪問時より少しわかめのおばさんに人が変わった。もしかすると娘かも知れない。それに壁に仕切られた厨房の中ではオババっぽい声が聞こえて来るので、あくまで表面に登場するキャラが変わったというだけかも知れない。

 とりあえず愛想はいいのでしばらく居座らせてもらおうと思っている。

 

 「ちゃんぽんからあげ定食1,150円」というものを頼んだ。「ご飯は少しにしてね!ウフッ」と頼んでおいた。10分位で登場した。

f:id:koyuki-ch:20210906155519j:plain

喰ってケロ!食べてケロ!と鳴くカエル ケロケロケ~

 まんずからあげからいった。この店でからあげを食べるのは初めてである。噛みしめるとパリっ!ジュワ~っと泣けるうまさだった。

 味付け薄く、揚げたて熱々のこゆきの好物ド直球だった。これはうまかった!今まで食べなかったのを激しく後悔した。

f:id:koyuki-ch:20210906155741j:plain

パリッジュワ~っと感動ものだケロ

 ただ大きなからあげ4個と大ぶりな器に入ったちゃんぽん、そしてご飯、食べ切れるか心配だった。

 次にちゃんぽんのキャベツに噛り付いた。ここのちゃんぽんの野菜は程よく炒めてあり歯応えが残っている。半炒め、半煮のいいとこどり。実に食欲をそそる。

 麺の茹で加減も微妙なコシを残して柔らかめと言ったところ。実に実にいい!当然野菜や肉や魚介の量もタップリ。

 そして何よりもこのスープ。。うまいですぞ~!脂ギッシュでもなく、淡泊でもなし。豚骨と海鮮の出汁がしっかり出ている。

 じゅりゅ~っといけば口の中は極楽となる。極楽直行のお釈迦汁と銘打っておこう。

f:id:koyuki-ch:20210906160146j:plain

お釈迦汁と神麺の合体作でゲス

 お釈迦汁と神の麺をバキュ~ムすれば、腹一杯地獄とも無縁。いつの間にかドンブリの底が見えるほど釈迦汁を飲んでいた。

 トッピングに高菜が置いてあるのだがこいつもうまい!ご飯に乗せたり麺に乗せたり忙しかった。

 半分減ったところで酢を垂らしてみたが、これもまた別な一面を垣間見せてくれた。

 食べ切った後汗がしたたり落ちたことは言うまでもないが、まずいものを食った時の汗とは違う清々しい汗だった。しばらくここに住んでもいいとさえ思っている。

 久々に1つ星の店誕生!西善の罰当たりなオババたちよ!なお一層はげむがよい!!!

 

 名古屋地方にお住いのかたで「本物のちゃんぽんがない」とお嘆きのあなた、ここで食ってから嘆いても遅くはない!

西善
〒476-0014 愛知県東海市富貴ノ台6-246 パークサイドビル103
r.gnavi.co.jp

豊明市「めん処 やまひろ」~麺はうまい!でも汁と天ぷらはもう少し。。。

2021/9/4

 9月もいつの間にか4日になってた。早いものですね。9月最初のミシュニャンガイドをお届けしますのでどうぞご覧下さい。

 

 ここ「やまひろ」はなぜか人気がない。本日も土曜だというのに、しかも11時50分というゴールデンタイムなのに客はオッサン2匹だけだった。

 こゆきはオッサンたちの死角に隠れるように席を取った。客が居ないのでどこでも取り放題なのだ。

f:id:koyuki-ch:20210904145059j:plain

木々に埋もれるやまひろの看板

 お茶を持って来てくれたおばちゃんに「天ぷら冷麦1,540円」を注文した。出来上がるまでにずいぶん待った。20分くらい待ったかも。

 待っている間可愛らしいメガネ女子が現れて、こゆきのはす向かいに座った。他には無粋なオッサン2匹しかいないからここへ避難してきたんだろうね。

 メガネっ子は「きしめん&???」という通なものを頼んでいた。きっときしめんが大好きなんだろう。

 

 ようやくやって来たこゆきの冷麦。全体を俯瞰した限りではうまそうだった。ドでかい器に入れられた冷麦は麺が少なかった。この店の麺量が少ないのは前回で分かっていたので問題なし。

f:id:koyuki-ch:20210904145332j:plain

お盆も器もデカかった。。

 まずはのりの天ぷらから食べてみた。ベチャッとしてる。。次にカボチャの天ぷらを頬張った。まあカボチャだね。こゆきはいも、かぼちゃの天ぷらはあまり好みではない。

 次に大葉。グチャッとしていた。。天ぷらのトリえび天を齧ってみた。感動なし。。海老のいい香りが、、とか身がプリッとしててという世界とはかけ離れていた。

f:id:koyuki-ch:20210904145528j:plain

なんというかまあ、、湿気た天ぷらというかまあ、、

 さて、冷麦だがこいつがよかった。麺の太さがバラバラなので恐らく手打であろう。今まで冷麦を手打で作っているところで食べたことはない。

 チョンチョンジュリュリュ~っといってみた。うめえ~!麺がうまい!!韓国風冷麺のようにコシがある冷麦初めて食べた。これなら3杯位行けそう。

f:id:koyuki-ch:20210904145825j:plain

前回も感じていたが麺だけは格別カモ、、、

 でもつけ汁は醤油の味ばかりが先立ってうまくなかった。しかも前回はざるうどんにワサビ付けてくれたのに今回はショウガだった。かなり残念。麺が少ないのですぐにどんぶりは空になった。

 

 一応書いておくが今回ひどいことばかり書いているけど前回食べたカツ丼はうまかった。ただ今回の天ぷらを食べた後では天丼を食べてみる勇気はない。次回は親子丼あたりを行ってみようか。

 せっかくかわいらしいメガネ女子も通っているんだからもう少し気合いを入れて立て直しを図ってもらいたいところ。麺はいいんだから。。うどん屋で麺がいいならなんとかなるはず!

大府市「山喜うどん」~本日はみそ中華&ざる中華の中華勢で攻めてみた!ここはうどん屋なんですけど。。。

2021/8/31

 8月の最終日コロナワクチンの洗礼から立ち直ったこゆきは、朝から山喜うどんへすっ飛んで行った。もちろん例のものを食べるためである。例のものとは「みそ中華!」に決まっている。しばらく外食していなかったので禁断症状が出てしまった。

 本日はプラス「ざる中華」もペロッちまおうという算段である。ダブル麺食いは禁止されているはずだが欲望には勝てない。

 

 一応書いておくが、山喜はうどん屋である。うどんやきしめん、ひやむぎは自分のところで製麺していると推測している。

 では中華麺やそばはどこから来るのだろう???謎が謎を呼んでいるがそんなことはどうでもいい。とにかくここでは中華麺が随一のドンである。

 そして汁のバリエーションは「しょうゆ、みそ」があるが、みそを激しく推薦しておく。はっきり言ってみそ一択である。

 その他にもざる関係や水に浸した「冷やしきしめん」などもあるがこれも悪くない。ノーマルのしょうゆは今一つなので結局「みそ、、ざる、、冷やし、、、」に流れてしまう。

 もし皆さんの中で山喜へ行く機会があれば「みそ、ミソ、味噌!!!」と心に留めておいて頂ければ幸いです。

 

 9時50分に山喜着。当然一番客だ。

f:id:koyuki-ch:20210831110509j:plain

この看板が目印 でも大府駅方面から来ると木が邪魔で気付かないと思う

 すぐにおばさんに「みそ中華460円、卵50円、天ぷら100円」を注文した。

 そして「ざる中華480円の麺少な目って出来ますか?」と尋ねた。出来るようだ。間髪を入れず追加した。

 おばさんは「みそとざるって2つ食べるの?」と聞いてきたので、「たりめ~じゃん!」と応えておいた。

 

 5分後まずはみそ中華登場。まずは麺臭クンクンの儀式を執り行った。い~い麺臭だこと!そしてドンブリに口をつけて汁をブロロ~ンと吸い込んだ。うまい!今日もみその旨いこと。出汁もしっかり効いている。

f:id:koyuki-ch:20210831110726j:plain

ヨッ待ってました~!

f:id:koyuki-ch:20210831110737j:plain

週一で摂取しないと禁断症状が出て来るよ~!

 そして天ぷらをカリリッとかじった。パリッとしてて揚げたてでうまい。それから麺臭を楽しみながら麺のバキュームを楽しんだ。3分位で麺は全滅した。

 

 丁度みそ中華を粗方片付けた頃ざる中華がやって来た。こいつも麺臭クンクンしてやった。うまそうな中華麺の香りがする。

f:id:koyuki-ch:20210831111036j:plain

器、汁、麺、、本日は全てひえひえだった やれば出来るじゃん

 つけ汁はいつもより冷えていた。ついでに器も冷えていた。山喜のざる関係はあまり冷えていないので期待していなかったが、いい方向へ期待を裏切られた。

 麺もいつもより心なしか冷えていた。つまり全部冷たいのである。これはざる星人と呼ばれるこゆきにはたまらないご馳走であった。

 そういえば今日はおばさんが氷を一杯運んでいたので、こゆきのざるを冷やすために氷が必要だったのかも知れない。ざるはほぼ2分で片付けた。

 最後にみそ中華の残っていた味噌汁をジュロロ~ンと吸い込んでおしまい。また本日もおいしい味噌をごちそうさんでした。

 

 10分で食べ終え車でバビューン帰ってきたところでこの記事を書いている。今思い出しても口の中にみその余韻が残り、麺臭とともに儚い夢が思い起こされる。また、明日もいっちゃう?

r.gnavi.co.jp

 

コロナワクチンをなめるな!

2021/8/30

 みなしゃんのコロ状況はいかがでしょうか?もうちゃんとワクチンをチクッとしてもらいましたか?こゆきちゃんは一昨日チックンしてもらいました。その後の対応をまとめてみましたのでご覧下さい。

 

 8/28夕方 チックン会場でやられた。その後会場の近くのうどん屋へ行くはずだったが、開店時間まで待てず断念。

 帰宅後体温を測ったが平熱でありどこも苦しくない。このことがコロナワクチンなんててぇ~したことねえじゃんという心を芽生えさせた。

 その後今日はやめておこうと思っていた缶ビールを一気に4本呑んだ。ウィスキーの水割りも呑みたかったが我慢した。そして心安らかに寝た。

 

 8/29朝 起きると少し体がだるかった。。体温を測ってみると平熱だったので通常通り朝食を食べた。

 

(こゆきの侍従談)

 朝食を食べ終えられると何を思ったのかいきなり車に乗り込まれパチンカスの殿堂へ向かわれた。そしてマイジャグラー4を堪能されたそうです。しかしジャグラーを打ちながらこゆき様は体の不調を感じられていたそうです。ウゥッ(涙をみせる)。そしてこゆき様は緊急帰宅なされた(負けたんじゃねえのか?侍従心の声)。後はこゆき様からお聴き下さい。

 

 帰宅後熱を測ってみるとなんと!38度近い。ブルブルと震えながらネットを見ていた。すると腹だけは一人前に空いてくる。たまらなくそうめんが食べたくなった。そこで病身に鞭打ってコンビニへ向かった。しかしコンビニにはそうめんはなかった。かわりに「富田豚ラーメン」を買ってきた。

 帰ってきて豚ラーメンをレンジで温めた。7分半も温めろと書いてある。仰せに従った。7分半後熱々の豚の出来上がり。結構量がある。食い切れるか不安だったが食べ始めた。そして半分ほど喰ったところでギブ。残すのは嫌なのだが残りは残飯入れへ投入した。

 その後襲い来るアルコールの悪魔と闘いつつ寝付かれない夜を過ごした。一応布団に入っていた時間は7時間くらい。でも実質寝れたのは4時間くらいかなあ。

 

 8/30朝 起きてすぐ体温測定。36度位だった。朝食に牛肉、卵、レタス、小松菜、豆腐の味噌汁を作った。その味噌汁に冷蔵庫に入っていた冷飯を投入しおじやにした。栄養満点である。何となく体力が回復した気がしたので、そそくさと身支度を整えた。パチンカスの殿堂へ仕返しに行くつもりだ。

 最初にマイジャグ4の狙い台に座った。2千円でレグ発光。その後もジャグ連はしなかったが、ビッグ発生。しかし持メダルはすぐに底をついた。回転数400回余り。

 その後アイムジャグラーやマイジャグ3を打ったがパッとせず再び元のマイジャグ4に座った。こゆきのいない間誰にも相手にされていなかったようだ。元の回転数のまま。

 かなり怯えながら打っていたが2千円で発光。そこからがすごかった。300回ハマりを何回か食らったがいつの間にか40回近く当たっていた。先びかり「帽子のみ」も見られたし楽しかった~!

 結局3,900枚出して帰って来た。ほんとは4,000枚欲しかったけど欲かくとろくなことないから。。。

 こゆきが席を立つと横に座っていたカスが乗り移って来たことは言うまでもない。カスよ、ちゃんと働いて稼いだ金で遊ぶんだぞ!!!

 

 再度帰宅したこゆきさんは今ビール呑みながらカスの推移を見守っている。自宅で店のデータ見れるなんて便利だねえ。でもちょっと体がしんどい、、、

 

P.S.

 8/31朝 やはりコロナワクチンをチクったら大人しく静養するのが大切なようだ。でも更に一晩ぐっすり寝たら体調は万全となった。今はすごく腹が減っている。ものすごく山喜のみそ中華が食べたい気分だ。行っちゃおうかな!

 

緑区「横井製麺所」~他では食べられない高菜を巻いたおにぎり

2021/8/27

 ありそうで中々ない高菜を巻いたおにぎり。それが食べられるのが「横井製麺所」である。

 愛知県と三重県に10店舗ほどを構えるチェーン店だ。歌行燈という会社が経営しているそうだ。

 

 本日10時過ぎにイオンにある横井を訪れた。フードコートは客入り3割ほど。思っていたよりたくさんの人がいた。緊急事態宣言などもはや何の意味もなさない。

f:id:koyuki-ch:20210827194707j:plain

よ~は横井のよ~

 横井の前に行き「ざるうどん300円」を注文した。ついでに「大根おろし80円」も追加した。ツルツルッと移動して「とり天100円、高菜おにぎり130円」を取ってお会計へ進んだ。総額610円。安い!

 

 適当に席を選んで盆を持って着席した。そしてまずは麺をズリュった。ズババ~んという感じで麺をすすれば、つけ汁は冷たいしわさびやネギもタップリだし文句なかった。

 麺は少しボヤ~ンとしていた。ふやけていると言ったところ。まあ丸亀と大差なし。

f:id:koyuki-ch:20210827194914j:plain

横井の美点を挙げるとしたら冷たいということかな

 ある程度通常のつけ汁で麺を楽しんだ後大根おろしを投入してみた。うまいね~!出汁の効いた汁とおろしのサッパリ感がたまんない。おろしの量は別料金取るだけあって大量。こいつを少しづつ入れていった。

f:id:koyuki-ch:20210827195051j:plain

でゃ~こんおろしはうみゃ~!と味噌県人談

 麺を食べつつとり天に取り掛かった。開店直後とはいかなかったのでジュウジュウではない。でも他のチェーン店で食べるよりはうまかった。

f:id:koyuki-ch:20210827195254j:plain

このとり天が2つに割れるとは。。。上はいとしの高菜おにぎり

 しかもとり天を一つだけ取ったつもりだったが、かじると2つに割れ「ああ、これは2個がくっ付いっていたんだなあ」と罪悪感とともにお得感を感じた。なんせ料金は1個分しか払ってないから。

 そして高菜のおにぎり。ほんのり高菜から移った塩気がご飯に移ってうまいんだよね~!本日の高菜は少々筋が入っており、歯で噛み千切って引っ張るとビヨ~ンと高菜が飛び出してくる。その他は何の不満もない。

 全部片づけるのに10分かからなかった。何千円も出す料理に比べればレベルは落ちかも知れない。でも今回の満足度は90点くらい。

r.gnavi.co.jp

吉野家「黒毛和牛重」を食べてみたじゅ~~~っ!

2021/8/24

 吉野家で「黒毛和牛重」というものが期間限定で発売されているそうだ。値段は店内なら1,419円(税込)、テイクアウトなら1,393円。ただしテイクアウトは味噌汁が付いていない。

 元々は国会内の吉野家店でのみ提供していた模様。それを限定で全国発売したそうだ。国会で売っているものは四角い容器に入っていてヒジョ~に高級感がある。しかし全国発売され、更にお持ち帰りだと丸い安っぽい容器に変身してしまった。店内飲食だと四角容器のようだ。こだわるヤツはテイクアウトは避けた方がいい。

 こゆきは店内で熱々を食べたかったが我慢した。ビョーキになったら困るから。。。ビョ~キとはコロナのことである。

 最近デルタ株とかラムダ株とかややこしいのが出てきているから気を付けないとね。特にラムダはヤバいらしい。。みんなも気をちゅけてね。

 

 家に帰ってきて早速パックを開けてみた。見た目は1,500円という値段を感じさせない安っぽいものだった。。牛丼の少し高級肉を入れましたって感じ。

 テイクアウトには味噌汁は付かないが、キムチは付いてくる。キムチと一緒に食べろってことなんだろうか。

 ご飯はネット情報では牛丼大盛りくらいとある。しかし実際見てみると並盛ケッ!ていう量だった。バカ食いマニアのやろ~はもう一品安いやつを頼んだ方がいいカモ。

f:id:koyuki-ch:20210824195607j:plain

上空から撮影したところ

f:id:koyuki-ch:20210824195619j:plain

宣伝の生肉の写真ではサシが入っていたが焼いてしまうと分からないね

 こゆきはこの他にも家で用意されている食べなければならない物体が一杯あるのでこれで十分。

 さて、牛重をパクるかと思ったが、ヤッパまずはビールから飲みたい。現在物体を肴にビールをグビッているところ。

 しかしこんなにたくさん物体を喰って腹を膨らまし、しかも冷めてしまった黒毛和牛重を食べてもうまいのかねえ。間もなく実験するので待っててね。

 

 さて、楽しい酒宴も終わり改めて牛重の蓋をおもむろに開けた。冷めているので当然あまり牛臭が香ってこない。肉を箸で取り上げシゲシゲと和牛の肉を鑑賞した。

 肉の厚さは4ミリと噂されているが、見たところ1~2ミリと言ったところ。薄切り牛タンのような薄さだった。

f:id:koyuki-ch:20210824200025j:plain

肉厚はこの程度

f:id:koyuki-ch:20210824200036j:plain

まあ牛丼の高級バージョンと言えなくもない

 食べてみると歯応えはしっとり柔らか。歯抜けでも笑って食べられるレベルだった。しかし牛肉喰ってんな~という感触は少なめ。

 味付けは吉野家らしいやさしいマイルドなものだった。値段的に300円台の牛丼とは比較にならないが、1,500円らしい満足感は得られた。

 1,500円払ってもう一度食べてみたいが微妙なところだろう。単なる牛丼でも満足出来そうだし。限定品だからもう一度という人もいるだろう。それぞれの懐事情に相談してくれ。

中川区「つけ麺丸和 春田本店」~名古屋のつけ麺界の大ボス

2021/8/21

 書き出せば長いことになるが、書かなければ気が済まないので事の顛末を最初から記していきたい。つまらないと思えばすっ飛ばしオッケーなのでお気軽にお入り下さい。

 

 本日朝、というより深夜と言っていい午前3時頃よりこゆきはグッピーのことを考えていた。

 グッピーとはラムネのことではない。ましてや熱帯魚のことでもない。ある喫茶店の名前のことである。

 この店、喫茶店でありながらうまいチャンポンを食べさせてくれるという。チャンポンを目に入れても痛くないほど愛しているこゆきは心を奪われてしまった。

 そして本日グッピーにチャンポンを食べに行くことを誓っていた。それで3時からグッピーのことを考えていたのだ。実に一途なこゆきちゃんなのであった。

 

 10時前に家を出た。車をすっ飛ばして道を急いだ。アクセルを踏み込みながら頭の中で「グぅッピぃー ピ~(笛の鳴る音)!グぅッピぃー ピ~(笛の鳴る音)!」と繰り返し呪文を唱えていた。

 店の前には11時前に到着した。さて駐車場に車を入れようと店先を覗くと「な、なな、なんとシャッターが下りている!」。どう見ても本日休業のようだ。。。

 定休日とは違うのでコロナ関係の休みなのかも知れない。落胆は激しかった。もうすっかり腹はチャンポン腹になっている。腹を叩けばチャポンと音がする。

 シャッターをガンガン叩きたい気持ちを抑え、この後どうしよう。。。と考えた。なんせここまで30キロほど走って来たから。

 

 こゆきは冷静にこの辺りにあるウマめし屋を思い起こしてみた。そして「あ!そういえば近くにつけ麺でうまいと言われている店がある」ということを思い出した。

 その店の名が「つけ麺丸和」である。かなり有名な店である。つけ麺界でその名を知らない者はいないという。

 デビルマンが誰なのか知らない人がいても、丸和がつけ麺の店であることを知らない人はいない。その位畏れ多い存在なのだ。

 これだけ有名な店なので、土曜日の真昼間に行ったって行列に決まってるじゃん!と思いつつも店の前まで車を乗り付けた。

 案の定行列愛好家たちが並んでいた。でもそれほど沢山ではない。その数約5人。早速車を停めてこゆきも行列に加わった。

 駐車場は何か所かに分かれているが結構キャパはあり。店の外観は撮り損ねてしまったが暖簾だけご覧頂こう。

f:id:koyuki-ch:20210821174433j:plain

外観写真を撮ろうとしたら店に入れとおばちゃまが。。こゆき悪くないもん!

 5分ほど並んでいると店のおばさんが呼んでくれた。店の中に入ると左に券売機がある。席は20人ほど座れそうだった。

 こゆきが入って行った時カウンター席はガラ空きで、なんで行列が出来ていたのか不思議なくらいだった。

 券売機は苦手だがとにかく初めてなので店名を冠した「丸和つけ麺全部のせ1,320円と特盛100円」の券を買った。特盛は400ℊあり、平日なら50円だが、土日は100円となっている。

 麺400ℊがどの位か深く考えず買ってしまったが、このことが後でこゆきを満腹地獄へ突き落とす原因となった。

 でもこの時は「有名店だし~うまいに決まってるし~つけ麺だし~」と調子に乗っていた。おばさんに導かれるままカウンター席へ座った。

 

 券を渡して壁を見ると「ご飯無料」とある。「やっぱ、最後はつけ汁にご飯落して雑炊だわさ」とウキウキしていた。

f:id:koyuki-ch:20210821175450j:plain

雑炊けってぇ~い!

 15分位でつけ麺がやって来た。最初見た時は「こんくらい軽いもんだわさ」と思っていた。

f:id:koyuki-ch:20210821175612j:plain

つけ麺って言ったら、大盛りっしょ!

 そしていざ実食。麺は太麺である。上にノリとゆで卵チャーシュー6枚ほど乗っていた。「さすがは全部のせだけのことはある。豪勢だねえ」と勢いづいていた。

f:id:koyuki-ch:20210821175807j:plain

感動はこの辺りまでだった。。。

 つけ汁は溶岩のような石器に入っていた。グツグツである。つけ汁の中にもシナチク、ナルトが入っており雰囲気を盛り上げてくれる。

f:id:koyuki-ch:20210821175908j:plain

器を持ったり、口付けて汁飲んだら死ぬよ

 さてまずは麺臭でもとクンクンしたがあまり香ってこなかった。ここは少し残念だった。

 麺をつかんで汁につけてズリュリュ~ンとバキュった。かなり濃厚な味だった。魚介系の出汁が強烈で、出汁マニアのこゆき好みだった。

 でもなんか甘ったるい。せっかくいい出汁が出てるのに甘さで台無しにしているような。でも「人気店だし~行列の激しい店にソッコーで入れたんだし~」とグイグイ食べ進んでいった。

 

 そして半分くらい食べたところで「ん?ちょっとヤバいカモ、、、」と感じ始めた。いつまで経っても麺が減らないじゃん!しかもつけ汁の甘さが段々強烈になってくる。

 残り3分の1くらいのところで「もう、いらんじゃん!誰が400ℊなんて頼んだの??」という無責任な思考が浮かんでくる。

 はっきり言って腹パンパン!他の客が特盛にしないわけがわかった。みんな普通盛の券を買って麺だけ無料の300ℊにしていた理由が判然とした。

 ここからはこゆきさん頑張りました。何とかチャーシューと卵を口に入れ、麺を全部汁に落とすと一気に吸い込んだ。

 でもまだ汁の中にシナチクが残っている。シナチクくらい残したってバチは当たるめえ!と思ったが全部泣きながら食べてきました。えらいでしょ???

 エンエン泣きながら全てを食べ切ったこゆきの全身は汗でビッショリだった。この汗は暑さのせいでないことは言うまでもない。

 当然雑炊はなし。目もうつろに店を後にした。今日はなにをやってもダメだねえ。グッピーの呪いかも知れない。

 好みの差かも知れないのであえて批判がましいことは慎んでおく。でもつけ汁の甘さはもう少し抑えた方がいいかも。

 

(注)文中シナチクと出てくるが一応説明しておこう。シナチクとは支那(中国)の竹と書いてシナチクと読む。つまり中国伝来の竹の加工品の事。メンマと言えば分かり易いだろう。

 最近シナチクという言葉を聞かなかくなったのであえて使ってみた。この説明はあくまでこゆきの独断で書いているので間違っていたらゴメン。ではさらばじゃ!

 

 帰りにジャグって家に帰ったが、未だに腹は満腹状態。恐るべし!400ℊ。

r.gnavi.co.jp

 

豚足を一手間かけて極上料理にしてみよう

2021/8/16

 韓国食材を売っている店でいろいろ買ってきた。その中に豚足が混じっている。買うつもりはなかったが旨そうに陳列棚に並んでいるのを見て買ってしまった。 

f:id:koyuki-ch:20210817074530j:plain

ぶひっ このままシャブって~!と豚の声が、、

f:id:koyuki-ch:20210817074540j:plain

ぶひっぶひっ

f:id:koyuki-ch:20210817074550j:plain

ぶひぃ~ん

 どうやって食べようか悩む。そのまま食べたのではゼラチン質で口が一杯になってしまい嫌になるに決まっている。そこで出し汁で茹でてみようと思う。

 まず水に鶏ガラスープを入れた。

f:id:koyuki-ch:20210817074953j:plain

コケッ!鶏だし投入

醤油を投下し、沸騰するのを待ち豚足を投入。

f:id:koyuki-ch:20210817075256j:plain

f:id:koyuki-ch:20210817075306j:plain

ぶひっ&コケッで鶏豚骨完成

この時は火力全開。豚足を入れ終わると同時に火を弱火にした。

 そして10分間煮込む。10分経ったところでひっくり返して更に10分煮込む。終わったところで火を消し豚足を蒸らした。

f:id:koyuki-ch:20210817075552j:plain

よ~く味が滲みますように!

 そして30分後豚足を取り出し皿に盛り付けむしゃぶりついた。まあ、こんなもんでしょ。。。。というお味だった。もう少し醤油入れれば良かった。。

f:id:koyuki-ch:20210817075719j:plain

蹄が哀愁を誘う 生前のブ~ちゃんをしのばせる

以前おでんと一緒に煮込んだ時はうまかったんだけどなあ。。

 

緑区「鶏番長」~家系ラーメン食べるなら!

2021/8/15

 また今日もパチンカスの集まる店へ来てしまった。本日の店はパチンコ玉越の中にある鶏番長。ミシュニャンではすでに紹介済みだ。パチンコをやるつもりはないがうまいからまた来ただけのこと。

 

 11時半開店と同時に店になだれ込んだが、なぜかジジイが一匹侵入していた。。。ジジイは忍者なのかも。

f:id:koyuki-ch:20210815200058j:plain

階段を上るとそこは天国だった

f:id:koyuki-ch:20210815200107j:plain

昔グレてたトリ発見

 席に座り「濃厚鶏豚骨ラーメン味玉810円、Cセット520円」を注文。Cセットとはギョーザ&唐揚げ&ご飯という誠に遺憾なメニューである。いかんですゾ~!油ギッシュなトリオである。

 

 15分くらい待ったかな~その間にも来客あり。ついには後ろの百太郎も出現した。こんなに人気店だとは思わなかった。味がいいのは分かっている。でも今まで行列見たことなかったんで。。。

 そしてまずは餃子がやって来た。餃子はメニューに「中から汁がピュッと飛び出して来るから注意」と書かれている。とても期待していた。

 ところが餃子をタレにつけて口に入れても何もなかった。ドピュっとか堪忍して~というピュッピュッ感がなかった。期待外れである。

f:id:koyuki-ch:20210815200429j:plain

上あごの皮がベロンベロン~というふうにはならなかった

 次に唐揚げであるが、熱々であるのは認める。でも何故かうまくない。衣はよく揚げてあり黒々としている。少々焦げ臭いと言ってもいいかも知れない。衣はグチャついていてネットリしている。カラッとしているから唐揚げなのであってこいつは失格だ。ついでに言うならば中身のジューシー感もなかった。これも無駄な投資だった。

f:id:koyuki-ch:20210815200631j:plain

ラーメン以外は食べない方がいいカモ。。カモ注意報発令中

 ラーメンはいつも通りうまかった。にんにくを常人とは思えないほど入れて、ついでに玉ねぎのみじん切りもタップし入れた。ズリュったら当然うまかった。元がいいのでなにしたってうまいんだよね。

 ご飯も持ってきたのでにんにくまみれの汁をぶっかけて食べてみた。まあこの辺は人の嗜好によるがこゆきにはご馳走だった。ご飯は出してくれるのではなく自分でよそうスタイルだ。

 明日来てもいいレベルと言っておこう。明日は鶏白湯かつけ麺いってみるか。明日てめえらに会えることを期待している。

r.gnavi.co.jp

緑区「寿がきや」~スガキヤのセレブバージョン

2021/8/13

 スガキヤ・・・愛知県内ならどこへ行っても見掛ける。ありふれたチェーン店である。

 イメージとしては「安い、味はそこそこ、量が少ない、スイーツが食べられる、ラーメンもおやつ感覚」と言ったところだろうか。

 そのスガキヤに少し高級感を醸し出した店として「寿がきや」なるブランドがある。今回はそのセレブな寿がきやを調査してみた。

 

 店はパチンコ屋の建物に併設されている。今まで入ろうと何度も考えていたが実現出来ずじまいだった。13時過ぎに店へ入った。

f:id:koyuki-ch:20210815185629j:plain

ゴミの聖地、ケイズというパチ屋

 予想ではガラっているはずだった。。。ところがパチンカスたちの巣窟と化していた。次から次へとカスが入ってくる。店員に「テーブルのゴミを片付けろ!」という高圧的なカスさえいた。自分もゴミのくせに態度はデカい。

 

 こゆきはまず券売機で「ラーメン白590円」の券を買った。こいつがノーマルラーメンのようだ。そして5分くらい経ってこゆきのラーメンちゃんがやって来た。ど~~ん!こちらです。

f:id:koyuki-ch:20210815185600j:plain

ウッメ~!とは言えないが中々やるなという感じ

 味はスガキヤのラーメンそのものだった。白く濁ったスープに魚介系の出汁味。正にスガキヤのラーメンそのままだった。

 ただスガキヤと比べ値段が高いだけあり量は少し増量しているようだ。普通のラーメン店と同じくらい麺量があった。チャーシューも大ぶりのものが入っており流石に高級路線である。その他追記することはない。

 この値段でこの味ならパチンコで金をスった後には満足出来るものなんじゃない、という感じ。カスにはお奨め!という感じ。食った後またカスるんだからこれで十分じゃん!というレベルだった。

 味のことを考えると低価格のスガキヤで十分かも、、でも金銭感覚の麻痺してるカスには同じ味が食べられるスガキヤは選択肢には浮かばないんだろうね。

 一応書いておくが同じものが食べられるスガキヤのラーメンは330円となっている。でもパチンコに時間を取られるカスにはうってつけかも。がんばれ!パチンカスども!!!

r.gnavi.co.jp